エスター

  • 2012.08.11 Saturday
  • 22:45

2009年:アメリカ:ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン
================
死産して悲嘆する夫婦が引き取った女の子がヤバイ子だったと言う話。

うわー、怖ー!
イライラするー!
こーいうサイコな奴いるよねー!
とムズムズしながら見てました。

で、まさかのオチに笑った。
オチが判るとイライラが「みんな逃げてー!」のドキドキになって、エスターにも若干同情してみたり。
しかしこんな奴とは知り合いたくない。恐ろしいです。

利用されまくったマックスが可哀想で泣けてきます。
お父さんはもっと可哀想だけど。

リベリオン

  • 2012.07.08 Sunday
  • 21:45

2002年:アメリカ:クリスチャン・ベール、クリスチャン・ベイル、エミリー・ワトソン
================
感情を抑える薬で人が制御された世界の話。
凄腕の主人公がウッカリ薬の投与を忘れた為に感情に目覚めちゃったモンだからスッタモンダ。

銃を使った武道「ガン=カタ」の動きが面白い近未来モノ。
と聞いて見ました。
確かに動きが面白いです。

ジャケ写からも判りますが、マトリクスとか他の近未来モノと色々被ります。

ブライトンの扱いが雑で泣ける。
犬!犬が!!
息子イカスー。

フィースト3 Feast3 Happy Ending

  • 2012.03.31 Saturday
  • 22:30

2009年:アメリカ:ジェニー・ウェイド、クルー・ギャラガー、ダイアン・ゴールドナー
================
…。
これって2作ったら長すぎちゃったから分けたって感じじゃね?

いやーもう何が何だか。

キャラ紹介は1みたいで良かったんだけどもうメチャクチャですね!
とりあえずヒーロー系は即死亡フラグ立ってます。
いやヒーロー系って時点で死亡フラグか。

終わり方もワーオ!(唖然)です。
これで4出たらビビる。

フィースト2 Feast2 Sloppy seconds

  • 2012.03.21 Wednesday
  • 00:30

2008年:アメリカ:ジェニー・ウェイド、クルー・ギャラガー、ダイアン・ゴールドナー
================
とゆーワケで観ました。
1の終わりから続いてます。
キャラも多少出ていて繋がってる感が増してそこは嬉しいんですが。が。

どーせ観るなら3も一緒に借りないとなんだよおい!になります。
3借りないとな…

くだらなさは別方向に向かって健在です。

フィースト Feast

  • 2012.03.10 Saturday
  • 23:45

2005年:アメリカ:バルサザール・ゲティ、ヘンリー・ロリンズ、ナビ・ラワット
================
バーで化け物とスッタモンダ。
マット・デイモンとベン・アフレックが製作総指揮に加わっています。

予告編が面白いので借りたのですが、うーん。
予告編「が」面白かったです。

ヒロイン2(ヴァージョンup版)が強すぎ。素敵です。

どうやら2も3もあるようなので恐ろしいです。
きっと観ちゃうんだろうな。

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

  • 2012.02.25 Saturday
  • 21:50

2007年:アメリカ:ミシェル・モーガン、ショーン・ロバーツ、アラン・ヴァン・スプラング
================
俺達がこの凄惨な状況を記録しまーす!

28日後と被ってる感じです。
非常事態における人間性とか、そこら辺がね。

若干ドキュメンタリーな感じ。手持ちカメラで視聴者を酔わせます。

日本の報告者は日本人じゃないと思う。(ソコ拘らなくていいんだろうけど)

後味悪い感じがある辺りではデイ…より良かった気がします。
しかしゾンビの感染経路がワケわからんくなってきた。

恋とニュースのつくり方

  • 2011.12.17 Saturday
  • 23:45

2010年:アメリカ:レイチェル・マクアダムズ、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン
================
私崖っぷち、でも頑張っちゃうわヨ〜!そんな感じの話。

邦題かっこわるーい!でも原題じゃピンとこなーい!

定番な流れで安心して見られますがドキドキはします。

ダイアンキートンとハリソンフォードのやり合いが楽しい(でもそんなにないのが残念)。
ザ・フライの人(ジェフ・ゴールドブラム)は相変わらずカッコイイ。

小さな命が呼ぶとき

  • 2011.12.10 Saturday
  • 21:30

2010年:アメリカ:ハリソン・フォード、ブレンダン・フレイザー、ケリー・ラッセル、メレディス・ドローガー
================
難病で余命も僅かの子供の為に、お父さん頑張りすぎて公私混同しかねない!と言う話。
実話です。

ハリソンフォードも結構背がでかいが、それよりブレンダン・フレイザーの方がでかくて驚き。
それでもガタイはハリソンの方が締まってると言う。

それはさておき、子の為に奮闘するお父さんを見てやや泣ける。
ややなのは、お父さんが奮闘し過ぎて危なっかしいからです。

ハリソン・フォードは才能はあるけど性格が不器用と言う役が似合いますね。
マルっとお人好しとか見たことないなあ。
息子が良い子過ぎる。

スペル

  • 2011.01.04 Tuesday
  • 22:00

2009年:アメリカ:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー
================
基本イイコなんだけど、昇進が気になって婆さんの頼みを断った銀行員の女子が、婆さんに呪われて酷い目に遭う話です。
オチはきっとこうだろう、と終わりが読めるのがアレですが、ソレでもなかなか面白いです。

・主人公の自業自得な気がしないでもない
・彼氏気の毒です
・お祓いのおばさん意味あったのか(イヤあるんだけど

ホラーなのに肝心な所で笑えるのはサム・ライミ監督のワザなのか。
そのワザのお陰で、怖くはないです。

パーフェクト・ストレンジャー

  • 2010.12.17 Friday
  • 21:30

2007年:アメリカ:ハル・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョバンニ・リビジ
================
まさかのブルース、軽い役。
もっと重い役で出てくるのかと思っていたら、ただの脇役でした。あらやだガッカリ。
逆に滅多に見られない扱いなので貴重とも言えます。

で、話なんですが、最後のオチの部分まで違う流れを見せられ、最後で「実はね」と明後日の方向からオチが出てくる。
そんなカンジです。
割とポカーンとします。
そんななんで終わり10分くらいで急展開します。
逆に言うとオチが明後日過ぎて話が核心に進みづらいので、ソレ迄は眠いです。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM