パラサイト・バイティング 食人草

  • 2012.08.18 Saturday
  • 22:00

2008年:アメリカ:ジョナサン・タッカー、ジェナ・マローン、ショーン・アシュモア、ディミトリー・ベイヴィーズ
================
イケイケ若者達が秘境でギャフンの、流れとしては王道なホラーです。
が、
地味です。
原作があるらしく、あらすじをちらっと見たカンジ、読んだ方が怖そうです。

タイトル通り(原題:RUINS)ツタが人を襲うんだぞー!って話なんだろうなと見ていたのですが、
確かにツタが人を襲いはするんですが、
ツタがツタなだけに、動きがない。
シュルルル〜って動いてるけどね、ウン、地味だよね、ウン。
地味が悪いワケではなく、ツタが知恵?を絞って人をおびき寄せる所なんかは「怖ッ!」と思います。
アレは絶望的で良かったです。

地味ながらに人が死んでいきますが、グロさはソコソコあります。
アイタタタシーンもあります。
で、思ったんですが。


人の方が怖くね?


愉快なギリシャ人に哀愁を感じます。

JUGEMテーマ:映画

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM