貞子3D 2D版

  • 2013.04.28 Sunday
  • 23:30

2012年:日本:石原さとみ、瀬戸康史、染谷将太、高良光莉、山本裕典、田山涼成、橋本愛、高橋努
================
3Dで観る事を前提とした演出なんでしょう、貞子は基本這い出てきますし。
なので、普通のTVで2Dで見てしまうと、今までとの違いがないです。当たり前ですが。
で、違いがないのに、3D前提な為か「心的な怖さよりビックリする恐さ」が多いので、今までのより気楽に見られます。
要は怖くないってコトですね。

石原聡美は「インシテミル」の時もですが、絶叫してる顔が素敵でした。
思い切りの良さを感じます。

・スパイダーウォークとか鉄パイプアクションとかホラー以外の要素がイイ
・山本裕典が好きなので、見てて悲しくなる役所
・「今度の貞子は美少女だ」の所以の橋本愛、貞子なんで美少女っぷりはあまり発揮されず
・石原さとみ無敵なんじゃないんですかね

何が一番ホラーって、続編あるのがホラーです。

花より男子ファイナル

  • 2012.12.27 Thursday
  • 23:30

2008年:日本:井上真央、松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力
================
道明寺とつくしがケンカしながら奪われた家宝のティアラを追って海越え山超え。

漫画・ドラマなど見てないです。チラ見した程度。
この映画で初めて「花男」見ました。
最初からオチが判る安定感、ありがとうございました。

とは言っても面白い。オチより経過が良いんですきっと。
人気があるのには理由がある。
ただ昔漫画をチラ見した事があるので、道明寺が松潤なのに違和感。道明寺ってもっとイカつくない?

この手の御曹司(&ご令嬢)達は「俺たちが本気出すと」と言ってはいけない気がする。
本気ってゆーか七光よソレ!

神の左手悪魔の右手

  • 2012.08.16 Thursday
  • 23:15

2006年:日本:渋谷飛鳥、小林翼、前田愛、清水萌々子、紗綾、田口トモロヲ
================
悪いおっさんを倒すのに姉を使うフリして最後は弟自ら出ますって話。

原作(読んでないのでそこまで知らないけど)のまま弟が主役でも良かったのではなかろうか?
ウメズホラーって映画にすると無理が出てくるのが残念です。
脇役の大人が熟練者なので子役が浮くのも気になる所。

ラブデス

  • 2012.03.17 Saturday
  • 19:05

2006年:日本:武田真治、船越英一郎、大友康平、寺島進、NORA
================
ベッタベタにクサイ展開でハードボイルドラブストーリー。
って書くとアレですが、ギャグですギャグ。ん、コメディ?

で、長すぎ!!
しかし美味しい面子と絡みを加えたらこんだけ尺が長くなっちゃうのも仕方ないのかな。
序盤、まるで脚本を棒読みしてるかのような大根演技にウヘェとなりましたが熱い脇役陣のお陰か慣れてきたのかで違和感なくなりました。

IZAM率いる殺し屋がいい感じ。
特に今は亡き川村かおりが個性出てましたって言っても対して喋ってないんだけどね。←でも喋ってないのにキャラ立ってるってすごいと思うぞ

ラストの船越さんの踏ん張り所で大笑い。。強いなあ。

少年メリケンサック

  • 2012.02.18 Saturday
  • 20:50

2008年:日本:宮崎あおい、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲ、波岡一喜、石田法嗣、佐藤浩市、木村祐一、三宅弘城、ピエール瀧、峯田和伸、ユースケ・サンタマリア
================
イケてるバンドをネットで発掘!→25年前の映像でした。ギャー!

クドカンのテンポ良さを期待しすぎただけにちょっと物足りない。
しかし中年だからテンポ的はこれで良いのかな?

田辺誠一がGacktの物真似臭くてツボ。
宮崎あおいはもっと変化して欲しかったな〜。

黒い家

  • 2012.02.11 Saturday
  • 22:45

1999年:日本:内野聖陽、大竹しのぶ、西村雅彦、小林薫、桂憲一、田中美里
================
貴志祐介原作。の日本版。
原作は読んでいたので大竹しのぶがどの程度やってくれるのかな?と気になりつつ10年位観るの忘れてました

・韓国版より原作に沿ってる。
・故に曖昧部分?が気になる。
・ボーリングの意味が判らない。(怖さの演出?)
・終わりはあーじゃなくて良いと思う、そんなホラー色は要らん。

・西村雅彦のヅラ疑惑。

そして何と言っても声が聞こえない!私は難聴かー!

着信アリ Final

  • 2012.02.04 Saturday
  • 23:40

2003年:日本:堀北真希、黒木メイサ、板尾創路、ジャン・グンソク、板尾創路
================
修学旅行先の韓国で着信アリ。

1は適当に見て、2は一応ちゃんと見たので、どうせなら最後も見ようかと。
堀北真希出てるし。黒木メイサ出てるし。

2で大分幻滅していた分まあまあでした。
今回は新ルール追加。
転送したら免れます。
故に携帯が武器のバトロワ状態になってます。

諸悪根源は結局1の子でいいのか?
なんで舞台が韓国?
相変わらず邦画の音声小さい(呟きなんかは聞き取りにくい)癖に音響はバカうるさいにうんざり。

そして結局誰かが不幸になって終わるんですね。
ファイナルだけどなんかまだ続きそうだなあ。

屍病汚染 DEAD RISING

  • 2011.02.11 Friday
  • 22:00

2010年:日本:吉田大輝、矢崎広、安藤聖、尾上寛之、渋川清彦
================
「人気ゲームの世界観を忠実に再現」、だと…!?

いやー、カプコンまずいモノ作ったねー!
元ゲーム知らないけど、これ見たらクソゲーなのかなと思えました。

ジャケットは良いんですけどね。ジャケットだけですね良いの。

主人公が若いお兄ちゃんだったのでアクションがあるかと思ったら、生ヌルい展開にその兄ちゃんの独り言ばっか。
邦画のアレで、チャント聞いてないと聞き漏らしたりします。

高橋さんのゲス具合は良かったです。
やはり日本でゾンビ映画って無理なんだろうか。

予言

  • 2010.10.11 Monday
  • 23:30

2004年:日本:三上博史、酒井法子、堀北真希
================
色々と三上博史が可哀想になる話です。
可哀想なんだけど自己満足乙ってゆー感じもあります。
そりゃ結果を知っちゃったらアレコレ足掻きたくなるのが人(そして家族)なんですが、何選んでも悲しい結果になりますなあ。

それにしても、原作の恐怖新聞のままじゃイカンのでしょうか。
新聞そのものくらいなんじゃないのかな、原作通りなの。
こんな(ある意味)泣けるカンジにしなくても。

XX エクスクロス 魔境伝説

  • 2010.07.10 Saturday
  • 21:00

2007年:日本:鈴木亜美、松下奈緒、中川翔子、小沢真珠、池内博之
================
女の子2人が山奥で散々な目に遭う話です。

原作読んでません。面白いのかな?
映画の筋とはまた違うんじゃないかとエスパー。

鈴木亜美がホラーに出てる〜☆と思って借りたのですが、ホラーじゃないですねコレ。
コメディです。失笑します。
・小沢真珠はソレで良いんですか?って言うキャラでした。
・コスプレの上にお色直し付き。
・闘うアミーゴが良かったです。
・コレなんてギャルゲー?
・池内博之はこんな映画でも良い演技。
・物部さんオイシイ。
・でもそのまま帰っていいのかヨ。

時間の割には内容詰まってたのかなあ。
アミーゴの気持ちは判らないままだったけど。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM